Rごりら ~que sera sera~

ARTICLE PAGE

納得できました

相談室に行っても、結局うちの子の行動の原因がはっきりしなかったので、かなりストレスだったのですが、旦那がこの手のことを生業にしている親友に相談してくれて説明をもらい、やっと納得できました。その人は毎年年末年始を旦那の実家で一緒に過ごす親戚みたいな人です。


くまの行動は

「がんばる赤チャン行動」だそうです。

2歳児によく見られる現象で赤ちゃんが自分で

①親に迷惑をかけられない

②親に甘えちゃいけない

③他の子より強くなくちゃいけない

④誰にも負けるもんか

⑤自分がシッカリしなきゃ

⑥親の前で我慢する

って一人努力をしている事らしいです。


典型的症状は

1)友達を突き飛ばす

    (負けるもんか)

2)おもちゃの取り合いをする

    (負けるもんか)

3)心をゆさぶる絵本を嫌う

    (悲しくなる話はイヤ)

4)走り回る

    (ストレス発散)

5)スーパーでふざける

    (注意されたい、甘えたい)

6)親の目をそらす、親に甘えるのを遠慮する)

    (自分は強くなくっちゃ)


なんですって。まさしくくまぽんの行動です。6項目全てあてはまります。特に・・・今まで話していなかったけど、ここ半年ぐらいずっと「友達を突き飛ばす」ということをしていて、私は保育所で謝りっぱなしです。1週間間が空いたり、1か月空いたりというのはありますが・・・どうしたものやら悩んでいました。


続けます・・・

これらの行動の原因は色々ありますが

・家庭環境の変化

・イヤイヤ期を我慢して過ごす

・親が怖い

等々だそうです。

うちの場合は、旦那が単身赴任になり、シングルマザー状態になった上に母親(ばあちゃん)の認知症で母親に関わる時間が増えたことが原因と思われます。

もちろん100%上記のとおりかは分かりませんが、かなり納得しています。

対処方法は・・・

赤ちゃんに甘えさせてあげる

ここで注意点、重要なのは泣かせてあげる

なにせ泣くのが一番

大人が泣くのは悲しいからダケド赤ちゃんの場合は大人と違い、ストレス発散

泣きたいから泣く

泣くこと=甘え

だから一番簡単な方法が泣かせてあげる(甘やかせる)

だそうです。


具体的にアドバイスをもらったから、ちょっと実践してみようと思います。

母(ばあちゃん)との時間もダラダラ一緒に過ごすのをやめて、必要なときに必要な手助けをしようと思います。

くまとは限られた時間でも関わる時にしっかりと関わって甘えさせてやろうと思います。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment