Rごりら ~que sera sera~

ARTICLE PAGE

コンサート

先日、及川浩治 ピアノ・リサイタル  
「リストの手紙」 ~フランツ・リストへのオマージュ~ へ行ってきました。

oikawa2011_7_31.jpg

リスト生誕200年を記念したコンサートです。
演目は以下のとおりです。

婚礼 ~巡礼の年第2年「イタリア」より
ラ・カンパネラ
3つの「ペトラルカのソネット」~巡礼の年第2年「イタリア」より
愛の夢 第3番
献呈(シューマン/リスト編曲)
メフィストワルツ 第1番
メゾルデの愛の死 ~「トリスタンとイゾルデ」より(ワーグナー/リスト編曲)
ピアノ・ソナタ ロ短調

引用:http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/kannabe-bunkakaikan/zigyo/

コンサートは演奏者の人柄が表れているような真摯な演奏でした。三井住友海上文化財団の助成による1000円の市民コンサートなので、ラフなものかと思いきや、トークも含めて非常に正統派の演奏会で息が抜けない緊張感もありました。

というか、「ちょっと来てみました」という私がそこにいるのは演奏者に申し訳ないような気がしました。
曲と曲の境目が分からなかったり(笑)、深い眠りに誘われたり・・・。

クラシックって、やっぱり心地よくなるような効果がある気がします。
タンゴを聴いていると、常に脳が覚醒してしまうんですけどね。

クラシックは美しい調べが脳を刺激してドーパミンか何か分泌されているんでしょうね。
温泉に入った後のようなぼんやりとした心地よさにどっぷり浸かっているようでした。

途中、一緒に行ったMさんが「演奏者の声も聞こえてきませんか?」と言うので、よ~く聴いてみると・・・

確かに激しい演奏の時に「ふんっ」と聞こえてくるような・・・
後半はその荒い息づかいに意識が集中してしまいました(・・・ごめんなさ~い)。

ですが、終始誠実な演奏でした。特に後半は激情的で迫力に圧倒されました。特に献呈(シューマン/リスト編曲)は感動しCDを買おうかなと思いました。

演奏後、アンコールも2曲も応えてくださり、さらに3回目の登場までして下さり、どこまでも良い人なんだなと感動しました。ちょっと勉強して聴きに行けばよかった。

一緒に行ってくれたMさん、ありがとうね。
次は迷わず行きます。


スポンサーサイト

6 Comments

merie  

Rごりらさん

こちらこそ、誘ってくださって、ありがとうございました^^

私もすごく深い眠りに誘われてしまい、『上質な眠り』を体験してしまいました・・・。
私も、勉強していけばよかったです~。

2011/08/02 (Tue) 16:58 | EDIT | REPLY |   

Rごりら  

merieさんへ

途中でぼそっとささやくmerieさんの一言に、一人で黙ってウケてました(笑)。

いかんね、私ら…。

2011/08/02 (Tue) 19:45 | EDIT | REPLY |   

merie  

タイトル

いかんですな・・・。

夫に「上質な睡眠」の話をしたら、「コンサートの種類を考えたほうがいい。もっと合うコンサートがある!!」と言われました・・・。

2011/08/02 (Tue) 20:00 | EDIT | REPLY |   

Rごりら  

タイトル

そうかも…(笑)
すまんねぇv-39

2011/08/02 (Tue) 21:25 | EDIT | REPLY |   

merie  

タイトル

いえいえ、こちらこそ・・・。

2011/08/03 (Wed) 17:46 | EDIT | REPLY |   

Rごりら  

タイトル

v-14おおっ、ごめんごめんv-14
また懲りずおつきあいください

2011/08/03 (Wed) 19:06 | EDIT | REPLY |   

Post a comment