Rごりら ~que sera sera~

ARTICLE PAGE

この楽器は・・・

この楽器なんだと思います???

コンサーティーナ
写真:http://ja.wikipedia.org/wiki/

先日のひつじとの会話

ひつじ:「バンドネオンって5万円ぐらいであるんだー・・・買えば?」
ごりら:「へ?そんな訳はないでしょう、中古だって3、40万だよ。オークションの最低価格だって13万ぐらいするのに? 5万?」

・・・写真(上)を見てわかりました。

こ、これはバンドネオンじゃなーーーーーーーいっ!!
とはいえ、「コンサーティーナ」と呼ばれる楽器で、バンドネオンの原型になった楽器です。

アイリッシュ系の音楽で用いられているようです。
・・・聞いたこともないよ、そういう音楽・・・うるうる。

私が欲しいのは、アコーディオンでも、コンサーティーナでもなく、バ・ン・ド・ネ・オ・ン!
写真を見ているだけでもドキドキする下のバンドネオンは谷口楽器店で95万円で販売されています。
バンドネオン
写真:http://www.taniguchi-gakki.com/catalog/product_info.php?products_id=1056

バンドネオンがほしいなぁ・・・と思い始めて10年。
コンサートに行って、さらに想いは募るばかり。

中古ならもっと安いものもあるし、本気になれば買えないことはないはず。
弾けなくても眺めているだけでも、たまに手入れするだけでも、間違いなく幸せな気分になれる!

でも、やはり買うとなるとねぇ・・・はぁ(溜息)・・・。

世界的にも今は生産台数が少ないと言われています。ただ所有するだけなら、きちんと演奏する人に回すべきだと思うんです。そして、手に入れたとしても調律、修理の問題がつきまといます。プロの演奏家でも演奏途中に壊れたりして自分で修理しているそうです。私に?ムリムリ・・・。

そもそも演奏だって、無理でしょう!ここら辺りじゃ教えてくれるところもないし・・・。
佐川さん曰く、「バンドネオンは悪魔の楽器」
(正確には佐川さんの先輩)佐川さんはその悪魔に取りつかれたそうです。

バンドネオンは、ボタンの配列が規則的ではありません。つまり、ドレミの順にボタンが並んでいません。そして、蛇腹を開くときと閉じるときで出る音が違います。右左×開閉=4通りのドレミを覚えなければいけないそうです。悪魔の楽器と言われるくらい複雑なんでしょーーー???

・・・昔15年もピアノを習ったのに、挫折。
今では楽譜さえ読めない・・・これがトラウマになって、新しい楽器に取り組む勇気が持てない・・・。
ちーん・・・

こうして、悶々やるかたない日々を過ごすのでした。

スポンサーサイト

2 Comments

noja  

ゲットするのじゃ!

ぜひRちゃんにバンドネオン買ってほしいねぇ。
で、また遊びに行く時に、その音色を聴かせてほしいわ♪ そのためにも頑張って働く!?(^^;
ちなみに私はギターリストになりたくて、もうかなり前にギターを購入しましたが、練習の段階で挫折し、今は部屋の隅に静かに立てかけてあります・・  来客用ともなり、時々、来客がひいてくれてます(^^;

2009/05/29 (Fri) 11:07 | EDIT | REPLY |   

Rごりら  

ギターリスト???
くっくっく・・・(笑)
やっぱ、ギターを背負ってバイクに乗らんとダメやろう!!

・・・同じ穴のむじなより・・・

2009/05/29 (Fri) 20:40 | EDIT | REPLY |   

Post a comment