Rごりら ~que sera sera~

ARTICLE PAGE

見たよーん

ほんのちょっと前まで「トップランナー」を見てました。

本当に三浦一馬はいつの間にか良い青年になっていました。

最近はクラシックをバンドネオン用に編曲して演奏することに挑んでいるので、
番組の演奏もタンゴではなく“ラプソディー・イン・ブルー”と“アヴェ・マリア”でした。
お父さんとの共演で息もぴったり。“アヴェ・マリア”は優しく深い音色で包みこむような演奏でした。


演奏技術が高いだけに…タンゴも聴きたかったなぁ…
彼が国際コンクールで入賞したピアソラの“忘却”をこれから聴きながら眠ることにします。
おやすみなさい~。

ちゃお。

<追記>

昨日、三浦一馬がアヴェ・マリアを演奏するときに、ピアニストの紹介が画面に“BABBO"と出ました。
ピアニストであるお父さんは“BABBO”という名前で活動されているんだなぁとわかりました。

…で、“BABBO"って、何? 英語では聞いたことがないし…
イタリア語の検索エンジンにかけてみました。

“BABBO”=お父さん ですって!

何だか、お茶目なお父さんですね。気分がほっこりしました。

2年前の映像ですが、2人が演奏しているピアソラの“忘却(Oblivion)”をアップしておきます。
目をつむって聞くと、とても18歳(当時)の高校生が演奏しているとは思えません。



もう一つ、彼は今クラシックに挑んでいるので、“カルメン幻想曲”もアップしておきます。



ぜひ、PCのスピーカーを大音量にして聴いてください。

スポンサーサイト

2 Comments

matsu  

こんにちは。私も見よう~と思っていた
のに・・・

それなのに・・・

寝てしまいました・・・。

次回テレビでバンドネオンが紹介されるときには
ぜひ見たいと思います★

2010/09/12 (Sun) 17:26 | EDIT | REPLY |   

Rごりら  

matsuさんへ

情報ありがとうございました。昨日は、私もかなり眠かったのですが、母と11時25分に電話で起こしあい、二人とも興奮してTVを見ました。

とっても良かったです。三浦一馬は子どもの頃から知ってるので(メディア)、成長ぶりに感動しました。

・・・ところで、タンゴファンでもバンドネオンファンでもないのに、いつもタンゴの番組情報を
もってますよね(笑)

実は隠れファンだったりして(爆)なんちゃって。ラジオですか?

それにしても、すぐに教えてくれるから本当に助かります。いつもありがとうございます。

2010/09/12 (Sun) 17:52 | EDIT | REPLY |   

Post a comment