Rごりら ~que sera sera~

ARTICLE PAGE

ぼくの妹

ぼくの妹


先日録画しておいたTBS 日曜劇場「ぼくの妹」(オダギリ・ジョー、長澤まさみ主演)を見ました。

この物語は「時にはいがみ合いながらも絆の大切さを確かめ合う兄妹愛を縦軸に、父と娘、富める者と貧しい者、若者と高齢者など、バラエティーに富んだバックボーンをもつキャラクターが登場し、複雑に絡み合っていく」話です。
(ぼくの妹公式サイトより引用:http://www.tbs.co.jp/bokunoimouto/introduction.html)

・・・ま、物語の面白さ云々は、置いておいてこのドラマはハマりそうです・・・。
第3回を初めて見たときに、「ん?なんだ、なんだ、なんだーーー???」と。
ドラマの中で流れてくるバンドネオン、「これはタンゴの音色じゃないか!!!」と。

さっそく公式サイトを調べました。挿入歌は、いきものがかりによる「ふたり」であることが分かりました。これはこれで素晴らしいですが、まさかバンドネオンは、いきものがかりじゃないでしょう???

うーむ・・・。聴いたことがない調べ。何の曲だろう。バンドネオンの演奏は誰だろう・・・。
(公式サイトにも書いてない)

・・・やっとわかりました!!バンドネオン奏者「早川純」の演奏です。曲名、その他の楽器の演奏者についての詳しい情報はまだわかりません。おそらくドラマ用に作られた曲なんでしょうね。

早川純と言えば・・・
私が好きなバンドネオン奏者小松亮太の門下生でもあります。彼は小松亮太&オルケスタ・ティピカでも、小松真知子(小松亮太の母)&タンゴクリスタルでも活躍していますし、最近ではソロでの活動も目覚ましい若手演奏家です。

よし!毎週見るぞーーー(たぶん)!
・・・こんな風にタンゴは身近なところでも感じられます。

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment