Rごりら ~que sera sera~

ARTICLE PAGE

ビブラフォニシモ / A.ピアソラ : 小松亮太と三村奈々恵による共演

2007年に広島を離れる時、仕事仲間がタンゴのCDをくれました。
タンゴに熱狂している私でも持っていないものを…との配慮から、バンドネオンではなく「ビブラフォンで奏でるタンゴ」のCDをくれました。まあ、これが予想以上に素晴らしく、すぐにメールで、またこのブログでも感想を伝えましたが、偶然YouTubeでビブラフォン演奏を見つけたのでアップします。

ビブラフォンの音色が幻想的でほわ~んとしてますでしょ。私の好みはどちらかというと心に突き刺さるような鋭利な音色です。ですから、普段は殆どビブラフォンを聴くことはありません。でもたまに聴くと良いもんですね。自分にとって異質なものを聴くことで自分の視野…聴野(???)が広がるような気がします。ビブラフォンのソロは独特な雰囲気に包まれています。その後、2分15秒ごろからのバンドネオンにはゾクっときます。




ところで、私はタンゴが大好きなのですが、CDショップに行くと、タンゴのコーナーは泣けてくるほど枚数が少ないです。ひどいところでは、ダンス用のCDしか取り扱っていません。「こんな素晴らしい音楽がどうしてマイナー音楽の扱いなんだ!」と連れのひつじに訴えたところ、一言…。

「古臭いからでしょ!」との返事…。

…。…。…ちーん。ひどすぎる(撃沈)

私たち夫婦大丈夫か?


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment